【特別伝道集会説教】  辻 幸宏牧師

「神様はどうして苦しみをお与えになるの?
   -悩みを解決する聖書のことば-」  ヨブ記1章



ヨブ記1章

  1 ウツの地にヨブという人がいた。無垢な正しい人で、神を畏れ、悪を避けて生きていた。2 七人の息子と三人の娘を持ち、3 羊七千匹、らくだ三千頭、牛五百くびき、雌ろば五百頭の財産があり、使用人も非常に多かった。彼は東の国一番の富豪であった。
  4 息子たちはそれぞれ順番に、自分の家で宴会の用意をし、三人の姉妹も招いて食事をすることにしていた。5 この宴会が一巡りするごとに、ヨブは息子たちを呼び寄せて聖別し、朝早くから彼らの数に相当するいけにえをささげた。「息子たちが罪を犯し、心の中で神を呪ったかもしれない」と思ったからである。ヨブはいつもこのようにした。
  6 ある日、主の前に神の使いたちが集まり、サタンも来た。7 主はサタンに言われた。
 「お前はどこから来た。」
 「地上を巡回しておりました。ほうぼうを歩きまわっていました」とサタンは答えた。
  8 主はサタンに言われた。
 「お前はわたしの僕ヨブに気づいたか。地上に彼ほどの者はいまい。無垢な正しい人で、神を畏れ、悪を避けて生きている。」
  9 サタンは答えた。
 「ヨブが、利益もないのに神を敬うでしょうか。10 あなたは彼とその一族、全財産を守っておられるではありませんか。彼の手の業をすべて祝福なさいます。お陰で、彼の家畜はその地に溢れるほどです。11 ひとつこの辺で、御手を伸ばして彼の財産に触れてごらんなさい。面と向かってあなたを呪うにちがいありません。」
  12 主はサタンに言われた。
 「それでは、彼のものを一切、お前のいいようにしてみるがよい。ただし彼には、手を出すな。」
  サタンは主のもとから出て行った。
  13 ヨブの息子、娘が、長兄の家で宴会を開いていた日のことである。14 -15ヨブのもとに、一人の召使いが報告に来た。
 「御報告いたします。わたしどもが、牛に畑を耕させ、その傍らでろばに草を食べさせておりますと、シェバ人が襲いかかり、略奪していきました。牧童たちは切り殺され、わたしひとりだけ逃げのびて参りました。」
  16 彼が話し終らないうちに、また一人が来て言った。
 「御報告いたします。天から神の火が降って、羊も羊飼いも焼け死んでしまいました。わたしひとりだけ逃げのびて参りました。」
  17 彼が話し終らないうちに、また一人来て言った。
 「御報告いたします。カルデア人が三部隊に分かれてらくだの群れを襲い、奪っていきました。牧童たちは切り殺され、わたしひとりだけ逃げのびて参りました。」
  18 彼が話し終らないうちに、更にもう一人来て言った。
 「御報告いたします。御長男のお宅で、御子息、御息女の皆様が宴会を開いておられました。19 すると、荒れ野の方から大風が来て四方から吹きつけ、家は倒れ、若い方々は死んでしまわれました。わたしひとりだけ逃げのびて参りました。」
  20 ヨブは立ち上がり、衣を裂き、髪をそり落とし、地にひれ伏して言った。
  21 「わたしは裸で母の胎を出た。裸でそこに帰ろう。主は与え、主は奪う。主の御名はほめたたえられよ。」
  22 このような時にも、ヨブは神を非難することなく、罪を犯さなかった。



序.
 本日は、大垣教会の特別伝道集会に、ようこそおこし下さり、心から感謝いたします。今、日本は経済的な危機の中にあり、同時に年金・医療・介護といった福祉に関しても問題を抱え、未来に対する不安に満ちており、社会全体が不安定になっているかと思います。
 今回のテーマを決定するにあたり、教会員の方から下記の様な問いかけがありました。「知人の子どもが不慮の事故で亡くなり、ショックを受けている未信者の方から、このような不幸な出来事が起こることを教会ではどのように教えていますかと相談された」。

Ⅰ.苦しみの中、考えること
 さて、実際に家族を事故で亡くされた方に、あるいは事件・事故に遭われた方に、慰めの言葉をかけたりしても、「あなたは私の苦しみを理解していないから言える」との声が聞こえてきます。実際に、自らを同じ境遇において考えることは出来ても、同じ体験をする訳ではありませんので、その言う場合、返す言葉を失います。物質的・金銭的な支え、心の支えになることは出来ても、同じ苦しみを持つことは出来ないからです。
 しかし角度を変えてみたいと思います。私たちは自らが苦しみに置かれた時、何を考えているのでしょうか。それは自らの姿を顧みているのだと思います。親しい家族を失ったのであれば、「なぜ自分が代わることが出来なかったのか。なぜ助けることが出来なかったのか」。「なぜ自分だけ、苦しむのだろうか」。それは自らの弱さ、小ささ、無力さです。それと同時に、「なぜ」と思うのです。弱く、小さく、力のない自分に対して、誰が、なぜこの様なことを行うのか、この様な境遇に置くのか、と考えるのです。

Ⅱ.苦難をとおして、主に出会う
 つまり私たちは、自らが苦しい時、自分の計り知ることの出来ない大きな力がどこかに働いているのではないかと考えるのです。この時私たちは、すべてを支配しておられる神さまに目を向けなければなりません。そして私たちは、主なる神さまに目を向ける時、神さま御自身がお語りになる聖書の言葉に耳を傾けることが求められるのです。
 ヨブ記1章をお読みしました。ヨブは、無垢で正しい人で、神を畏れ、悪を避けて生きていました。それ故に神さまに愛され、多くの家族と富を持つことが許されていたのです。ヨブ記は、この様に神さまによって愛されていたヨブに起こる不幸を語った物語です。そして、この物語を読むにあたり、注目していただきたいのが、6~12節に記されている神さまと悪霊であるサタンとの会話です。主なる神さまが、全世界のすべてを支配しておられるのであり、神さまの恵みに生きる時、事件や事故、災害といった不幸が襲いかかることはあり得ないのです。しかしサタンは、神さまに対して、ヨブに苦難を持ちかけます。つまり、サタンは、主なる神さまの許しがなければ、働くことが出来ないのです。ですから、私たちの身の回りに起こるすべての出来事もまた、神さまの許可がなければ、サタンの誘惑によって苦しみを背負うことはあり得ないのです。
 こうしてヨブは、すべての家族、すべての財産が奪われます(1章)。さらに、自らの体全身に皮膚病を患わせます(2章)。そしてここからヨブの格闘が始まります。
 しかし主なる神さまは、このヨブに対して口を開かれます(38:1~4)。1 主は嵐の中からヨブに答えて仰せになった。2 これは何者か。知識もないのに、言葉を重ねて 神の経綸を暗くするとは。3 男らしく、腰に帯をせよ。わたしはお前に尋ねる、わたしに答えてみよ。4 わたしが大地を据えたとき お前はどこにいたのか。知っていたというなら 理解していることを言ってみよ。この時、ヨブは自分自身に起こった出来事ばかり見ていたことから、目を上にあげ、世界に目を向けつつ、自らの姿を顧みるのです。つまり、すべてを支配しておられ、力を有しておられる主なる神さまを見上げるのです。主なる神さまの知恵は、天地万物を創造された時から、キリストの十字架による救いの完成、そして神の国の完成の時にいたるすべてにおよびます。その壮大な神さまの御計画の中に、ヨブは生きているのです。主なる神さまの御計画は、ヨブを苦しめ、悪の道に誘うことでもありません。神さまの御計画は、こうした苦しみをとおしても、なおもヨブが神さまの救いに入れられ、神の御国(天国)における永遠の生命に入ることです。つまりヨブが人間として生まれ、苦しみを伴いながらも生きているのは、主なる神さまを知り、神さまによって与えられる祝福、救いを信じて、神さまによって与えられる天国による祝福を目指して歩むことです。これが人間の生きる目的であり、このことを知らせるために、神さまは私たち人間に、苦難や忍耐、試練や艱難をお与えになるのです。このことをヨブは知ったのです。
 だからこそ、ヨブは主なる神さまの御前で語ります。40:4~5 わたしは軽々しくものを申しました。どうしてあなたに反論などできましょう。わたしはこの口に手を置きます。ひと言語りましたが、もう主張いたしません。ふた言申しましたが、もう繰り返しません。
42:2~6 あなたは全能であり 御旨の成就を妨げることはできないと悟りました。「これは何者か。知識もないのに 神の経綸を隠そうとするとは。」そのとおりです。わたしには理解できず、わたしの知識を超えた 驚くべき御業をあげつらっておりました。「聞け、わたしが話す。お前に尋ねる、わたしに答えてみよ。」あなたのことを、耳にしてはおりました。しかし今、この目であなたを仰ぎ見ます。それゆえ、わたしは塵と灰の上に伏し 自分を退け、悔い改めます。
 つまり私たちは、苦難に直面した時にこそ、自らの弱さ、小ささ、無力さが示されるのですが、それと同時に、ここを御支配になられている主なる神さまを知ることが出来るのです。主なる神さまの御支配と共に、主なる神さまの愛、救いが示されます。
 また同時に、私たちは、周囲の人々の苦難・艱難、世界的な災害などを通して、自らの姿を顧みることが求められているのです。隣人の苦しみ、隣国の民の苦しみを自らの苦しみとして覚えることが出来ない所に、私たち自身の鈍感さ、神さまの御前にある罪深さが示されているのです。つまり、人は大なり小なり試練を迎えます。この様な苦しみを私たち一人ひとりが担わなければならないのは、私たち自身が罪を持っており、鈍感であり、神さまを知り、神さまを求めようとしないからです。つまり、神さまは、私たちが神さまに立ち返ることを求めておられ、そのために私たちにこうした試練をお与えになるのです。

Ⅲ.主の恵みによって生かされる
 だからこそ聖書は語ります。コリントの信徒への手紙一10:13 あなたがたを襲った試練で、人間として耐えられないようなものはなかったはずです。神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます。
 そして主イエスも語ります。マタイによる福音書5:3~4 「心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。悲しむ人々は、幸いである、その人たちは慰められる。」
 私たちは苦しい時にこそ、壮大な広がりを持っておられる主なる神さまの御前に自らを省み、神さまの御支配、神さまの御国を信じていただきたいのです。信じる者は救われます。そして試練を乗り越える力を主はお与え下さいます。だからこそ、私たちは神さまにすべてを委ねて祈り求めることをするのです。私たちを救い、天国の祝福に満たしてくださるために、主なる神さまは御子イエス・キリストをこの世にお遣わしくださり、私たちに代わって十字架の死にまでお渡し下さったのです。この神さまの愛を受け入れ、神さまによる救いを受け入れていただきたいものです。


                                              (2009.11.8)


COPYRIGHT(C) 2009 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る