<「教会規定」本文 改正履歴>  ※1997年政治規準全改以後
                                編:辻 幸宏


1.1997.10.14 第52回定期大会時報告 (校正ミス)
  訓練規定
     19条  「本来中会のみに属する」 → 「本来中会にのみ属する」
     21条  「維持さるべき」 → 「維持されるべき」
     32条  「不可能の場会には」 → 「不可能の場合には」
    101条  「記録が不満であって」 → 「記録が不備であって」
    同     「場にならって」 → 「場合にならって」


2.1997.10.14 第52回定期大会時:
   政治規準 第152条 (教師の加入)  項目追加
    → 政治規準第152条(教師の加入) 日本基督改革派教会以外の教師が、本教会の
      教師になろうと志願するときは、本教会の二名以上の教師の推薦書を添え、本人
      の居住する地域の中会に願い出なければならない。中会は教師の任職の場合に
      準じて試験を課したうえで受け入れなければならない。   ※変更なし
    2 中会は加入志願者に対して、加入の動機について試問し、課すべき試験内容を定
      めてこれを行う。   ※新規
    3 中会が試験に合格した志願者を受け入れるときは、出席議員の四分の三以上の賛
      成を得なければならない。   ※ 新規
    4 中会は加入した教師について、加入の経緯と加入試験の内容を定期大会に報告し
      なければならない。   ※ 新規
    5 加入の手続が完了したときは、その旨を関係教会に通知しなければならない。
      ※ 旧2項


3.1999.10.15 第54回定期大会時:
  表記変更  「日本基督改革派教会」 → 「日本キリスト改革派教会」
  変更箇所
    政治規準 教会規定前文(2箇所)、28条、29条、34条1、34条3、
           35条1、35条3、36条3、95条、152条、153条
           付則一1@、2@、2A、3、4   付則二
           付則三1@、1A、2  付則五2  付則六3
           付則七3  付則八2  付則九2  
           付則十3(二カ所)
    訓練規定 10条、21条、22条、95条1
    礼拝指針 49条2(6)


4.1999.10.15 第54回定期大会時:
  改正   政治規準第107条2 (語句追加) 
      「・・・・教師の中から選挙する。」
    → 「・・・・教師または治会長老の中から選挙する。」


5.2000.10.19 第55回定期大会時:
  改正   政治規準第37条3 (本文追加)
      「小会または宣教教師は、別帳会員名簿に移された教会員が生活上に醜聞
       がなく、教会の礼拝に再び出席するようになったときは、その氏名を陪餐
       会員名簿にもどさなければならない。」
    → 追加本文「小会または宣教教師は、必要があるときは、別帳会員を除籍する
       ことができる。」


6.2001.10.18 第56回定期大会時:
 (委員会改組に伴う改正)
  改正   政治規準第111条一号ウ(追加)
      「第三分科会 礼拝指針・式文及びリタージと讃美歌に関する事項」

  改正   同第111条五号(全面変更)
      「中央宣教研究所  ア 宣教研究に関する事項」
     →「宣教と社会問題に関する委員会
      ア 教会の宣教とその時代的課題を研究すること。
      イ 世に対する教会の立場を表明すること。」

  改正   同第111条六号(削除)
  以下一号ずつ繰り上げ、七号〜十五号を六号〜十四号とする。

  改正   同第111条(新)十号(改正) 執事活動委員会
      「ア 執事活動に関する事項」
    →「ア 教会の執事的課題に関する事項」


7.2002.6.1 第2版における変更(訂正)
  訓練規定第33条  「書名捺印」 → 「署名捺印」


8.2004.10.22 第59回定期大会時: (改正)
  大会委員会条例 第9条(提案提出日)
     「定期大会への報告書並びに提案の提出締切日は、毎年八月三十一日とする。」
   → 「定期大会への報告書並びに提案の提出締切日は、毎年常任書記長によって定められ
      た期日とする。」



9.2007.10.25 第62回定期大会時: (改正)
  pdfファイル参照


10.2008.10.24 第63回定期大会時: (改正)
  政治規準第144条2、第146条2を追加する。


11.2008.10.24 第63回定期大会時: (改正)
  訓練規定改正 (全部分:語句の修正)


12.2011.10.20 第66回定期大会時: (改正)
  政治規準第77条に下記の言葉を追加した。
   「また、同項第四号については中会伝道委員会の同意を得なければならない。」

  政治規準第22条2(教会所属伝道所)を追加した。
  「教会は異なる場所に開設した教会を、小会統治下にある伝道所とすることができる。
   2 教会は所属伝道所を開設するときは、中会に届け出なければならない。」

  政治規準第24条の2(伝道所と教会の合併)を追加した。
  「伝道所が教会と合併して所属伝道所とするときは、当該教会・伝道所は、それぞれの会員総会の議を経て、連名で中会に願い出なければならない。」

  政治規準第25条を、下記のとおり全面改正した。
  第25条(教会の種別変更) 小会の組織に必要な二名以上の長老を確保できなくなった教会は、次の定期中会までは牧師一名・長老一名で小会を開催することができる。その際、当該小会は、会員総会で選ばれた長老候補者を試問し、長老として任職・就職させることができる。
  2 前項の手段を取る事ができない教会は、中会にその旨を報告しなければならない。
  3 中会は事情を聴取したうえ適当と認めたときは、当該教会を伝道所に変更する。適当と認めないときは、中会は、原則1年を限度として、当該教会の小会存続を認めることができる。その際中会は、法治権の範囲に制限を設けることができる。


13.2012.10.18  第67回定期大会時: (改正)
  政治規準第37条に、5項を追加した。
  5 除籍された者が教会の礼拝に再び出席するようになったときは、小会または宣教教師は、本人の信仰と生活について試問のうえ復籍させることができる。復籍に際しては、原則として、加入の誓約に準じた誓約を求める。


14.2013.10.17  第68回定期大会時: (改正)
  政治規準第110条を、下記のとおり変更した。
  第111条(大会の常任委員会)
   四 財務関係
     ア 経常会計委員会
       経常会計に関する事柄
 → 第111条(大会の常任委員会)
   四 財務関係
     ア 財務委員会
       大会経常会計および事業会計に関する事柄


15.2014.10.16  第69回定期大会時: (改正)

第150条(信徒説教者)第二項
 (現)この委託は、中会が指定した一つあるいは数個の会衆に対してのみ有効である。
 (新)この委託は、当該中会に所属する教会及び伝道所の会衆に対してのみ有効である。

第五十四条(治会長老の資格)
 (現)この職務を担当する者は、健全な信仰を持ち、家をよく治め、生活に恥じるところがなく、言葉と行いにおいて、群れの模範である男子でなければならない。
 (新)この職務を担当する者は、健全な信仰を持ち、家をよく治め、生活に恥じるところがなく、言葉と行いにおいて、群れの模範であるでなければならない。

第四十四条(教師の資格)
 (現)この職務を担当する者は、十分な教養と健全な信仰を持ち、生活に恥じるところがなく、教えることにたん能な男子でなければならない。
 (新)この職務を担当する者は、十分な教養と健全な信仰を持ち、生活に恥じるところがなく、教えることにたん能なでなければならない。

第七十六条(小会の議会権能と任務)
第三項(新設)
 小会は、教会の執事的働きの推進のために、定期的に執事会との合同協議会をもつことが望ましい。


16.2015.10.15  第70回定期大会時: (改正)
 政治規準第108条2の七を下記のとおり変更した。
 【現行】七教育機関の設立・許可、特に神学校の経営を行うこと。
【改正案】七教育機関の設立・許可、特に神学校の経営を行うこと。なお、神学校に理事会を置き、別途定める神学校定款に従って経営を委託する。


17.2016.10.14  第71回定期大会時: (改正)
  政治規準 第108条2六の二を追加した。
 「六の二 メディア伝道を運営するため大会にメディア伝道局を設置する。メディア伝道局には理事会を置き、別途定めるメディア伝道局定款に従ってメディア伝道事業の経営を委託し、かつ日本キリスト改革派教会における情報技術(IT)利用推進支援活動を委託する。

  政治規準 第36条    異議 → 正当な異議

  政治規準 第37条    努力 → 可能な努力

  政治規準 第71条
  2 小会の定足数は、牧師(協力牧師)及び治会長老の二分の一とする。
 → 2 小会の定足数は、牧師(協力牧師)及び二分の一以上の治会長老とする。

 政治規準 第75条
  7 他住会員扱いと決定した日付  → 7 他住会員とした日付
  9 別帳会員扱いと決定した日付  → 9 別帳会員とした日付
 (新設)                     10 除籍した日付
 (新設)                     11 復籍した日付
 10                     → 12
  以下、番号を繰り下げ

 政治規準 第125条 2の新設
  2 教師候補者が前項の理由により、教師候補者を続けることが困難になったことが明白になったときは、中会は、本人の申し出によらずとも教師候補者の登録を取り消すことができる。

 政治規準 第150条
  10  信徒説教者の就職式は中会が行う。
 → 10 信徒説教者の就任式は中会が行う。



COPYRIGHT(C) 2005-2016  辻 幸宏   ALL RIGHTS RESERVED