トップ > 聖書日課           前週    バックナンバー(旧約)    バックナンバー(新約)     次週


 ト ッ プ


 教会紹介


 牧師紹介


 地   図


 集会案内


 説教要約

  今週の説教要約


 聖書日課


 牧師の部屋

地図
    今週の聖書日課

     毎日、一緒に聖書を読み、教会を覚えて祈りましょう。



  2007年8月
19日(日)
列王記下 3章
主は飢え乾いたイスラエルに、溢れんばかりの水を、涸れ谷に満たして下さいました。現実に嘆くことなく、信じて祈りましょう。

ヨハネ 5:41-47
イエス様が主であることの証しは、ヨハネ・主イエス自身の御業・父なる神様の証言(モーセ:旧約聖書)によってなされています。
20日(月)
列王記下 4章
主を信じる者は、飢えても朽ちない糧が与えられ、肉体の死を迎えても、主によって永遠の生命が与えられます。信じましょう。

ヨハネ 6: 1-15
主イエスは僅かなパンと魚で男だけで5000人の人々を養ってくださいました。主は私たちに必要な養いをして下さいます。信じましょう。
21日(火)
列王記下 5章
主は全てのことを見ておられます。「誰にも気付かれないから」と思うことでも、主は知っておられます。主の御前に正しく歩みましょう。

ヨハネ 6:16-21
主イエスは全てを支配される方だからこそ、超自然現象と呼ばれるような奇跡をも行うことが可能なのです。
22日(水)
列王記下 6章
主は全てのことをご存じです。奇襲をしかけようとしても、主がお守り下さるなら、手も足も出すことが出来ません。

ヨハネ 6:22-33
主イエスを信じる(29)ことにより、永遠の命(27)が与えられます。命のパンである主イエスの御言葉に聞き続けましょう。
23日(木)
列王記下 7章
人の目に不可能だと思われることを、人は信じることが出来ません。しかし主には不可能はありません。不可能を可能にして下さいます。

ヨハネ 6:34-40
主イエスを信じることは、終わりの日に復活させられ、永遠の命を得ることです(40)。これが主イエスこそ命のパンと呼ばれる所以です。
24日(金)
列王記下 8章
イスラエルとユダの歴史が続きます。王や民の罪と、なおも罪の赦しと救いの手を差しのばして下さる主の御業を確認しましょう。

ヨハネ 6:41-51
主イエスを信じる者は、既に永遠の命を得ているのです(48)。主による救いは、信じる者全てに現実に与えられているのです。
25日(土)
列王記下 9章
主の預言は実現します(36)。イゼベルの死の預言は、列王上21:23によって語られていた通り、犬の餌食となりました。

ヨハネ 6:52-59
主イエスは、すでに御自身の十字架を見つめておられ、人々に語られています。私たちは、聖餐式によってキリストの十字架を想起します。

日本キリスト改革派教会大会


文書資料集
 (教会憲法・宣言・大会声明が
  含まれています)


 ※教会憲法
 ・教会規程(索引付)
 ・ウェストミンスター信仰基準
      同 語句索引
      同 聖書索引

 ※宣言集
    ・創立宣言
    ・20周年宣言
    ・30周年宣言
    ・40周年宣言
    ・50周年宣言

 ※大会声明




中部中会の紹介

  中部中会青年会

  教会学校教案誌


静岡キリスト教点字図書館

社会福祉法人 聖恵会


リフォームド・リソース


ふくいんのなみ





全国教会リンク集


日本の改革派・長老教会
(日本基督教団小松教会)

COPYRIGHT(C) 2004-2007 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED