トップ > 聖書日課           前週    バックナンバー(旧約)    バックナンバー(新約)     次週


 ト ッ プ


 教会紹介


 牧師紹介


 地   図


 集会案内


 説教要約

  今週の説教要約


 聖書日課


 牧師の部屋

地図
    今週の聖書日課

     毎日、一緒に聖書を読み、教会を覚えて祈りましょう。



  2007年8月
12日(日)
列王記上18章
たとえエリヤが一人であり、バアルの預言者が多数いても、主を信じ主に従うエリヤは、生きて働く主による助けがもたらされます。

ヨハネ 4:31-38
主イエスの十字架と復活により種(神の言葉)は蒔かれます。その結果、弟子たちは異邦人から回心者を刈り入れることとなります。
13日(月)
列王記上19章
主を信じる者が一人となっても、主はイスラエルに7000人を残して下さいました。私たちは決して孤独になることはありません。

ヨハネ 4:39-42
刈り入れの初穂として、サマリアの回心者が表れます。主イエスによって蒔かれた御言葉は必ず刈り入れ時を迎えます。
14日(火)
列王記上20章
主は恵みと裁きの予告により、主を知り、悔い改めることを求めておられます。自らを誇ることなく、謙虚に主に従うものとなりましょう。

ヨハネ 4:43-54
主には権威があります。見なければ信じない者ではなく、主の御言葉を聞き、それを受け入れ、信じる者となりましょう。
15日(水)
列王記上21章
アハブはナボトの命と財を不正に奪い取りました。私たちは主がお与え下さるものに満足し感謝することを求めておられます。

ヨハネ 5: 1- 9
主イエスは、全知全能であられ、病を癒す力を持っておられます。苦しみを覚える者の祈り(願い)を聞き入れて下さいます。
16日(木)
列王記上22章
預言者が全て正しいのではありません。私たちは常に主の御言葉を正しく理解し、偽預言者を見抜く力を身に着けなければなりません。

ヨハネ 5:10-18
主が人を救い、生かして下さいます。安息日は感謝と喜びをもって主を礼拝する日であり、安息日のために人がいるのではありません。
17日(金)
列王記下 1章
主に背き、主の力を信じない者にもたらされるのは死です。主を否定することは、主による罪の裁きによる永遠の刑罰が待っています。

ヨハネ 5:19-30
御子であられるイエス様を受け入れ信じる者は、父なる神様をも信じているのであり、父なる神様による救いが与えられます。
18日(土)
列王記下 2章
主はエリヤを天に上げられます。主を信じる者は、肉体の死があったとしても復活の体が与えられ、エリヤの如く天に上げられるのです。

ヨハネ 5:31-40
イエス様が主であることの証しは、ヨハネ・主イエス自身の御業・父なる神様の証言(モーセ:旧約聖書)によってなされています。

日本キリスト改革派教会大会


文書資料集
 (教会憲法・宣言・大会声明が
  含まれています)


 ※教会憲法
 ・教会規程(索引付)
 ・ウェストミンスター信仰基準
      同 語句索引
      同 聖書索引

 ※宣言集
    ・創立宣言
    ・20周年宣言
    ・30周年宣言
    ・40周年宣言
    ・50周年宣言

 ※大会声明




中部中会の紹介

  中部中会青年会

  教会学校教案誌


静岡キリスト教点字図書館

社会福祉法人 聖恵会


リフォームド・リソース


ふくいんのなみ





全国教会リンク集


日本の改革派・長老教会
(日本基督教団小松教会)

COPYRIGHT(C) 2004-2007 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED